この記事を読むのに必要な時間は【約 3 分】です。

日本の年金制度ランキングは最下位に近い
日本の年金制度は世界ランキングでは何位なのか?日本の年金制度のランキングなんてほとんどの人は知らないでしょう。実は日本の年金制度に対する評価はあまり良くないという調査結果があるのです。

年金のことが気になりはじめるのは、年金を受給する年齢が近くなってからの人が多く、いまの日本の年金制度がどうなっているのかなんて、ほとんどの人が興味を持っていないかも知しれません。

日本の年金制度のランキング

誰もがみんな年を取り、いずれは定年退職をして年金生活を送るようになるので、年金制度が関係ない人はひとりもいません。

これから年金受給をする予定の人は、少なくとも今の年金制度がどのようになっているのか理解しておくことが必要であり、できれば自分が定年退職した後に、どのくらいの年金を支給してもらえるのかくらいは、ある程度把握しておくことをおすすめします。

いまの日本の年金制度の世界ランキングは、結論から言うと、年金制度ランキングの評価対象になった世界25ヶ国中、なんと下から3番目の23位となっているのです。
日本の年金制度ランキング

いまの年金制度では老後生活は安泰ではない

戦後の荒廃期から高度成長期を経て、劇的な経済成長を遂げた日本は、世界的にも有数の経済大国へと大変貌を遂げました。

そんな日本で何不自由なく生活していると、日本はなんでも上位にランクされていると錯覚してしまいがちですが、年金制度については、世界的にみると何と下から数えた方が早いのです。

年金制度のランキングの各項目の中で、十分性が低いということは、老後の生活費として考えたときに、いまの年金支給額は十分な金額では無いということです。

年金制度持続性が低いということは、将来的に年金制度自体が破綻してしまう可能性が高いということです。

年金制度の世界ランキングのデータは、老後の生活保障として公的年金だけを考えていたのでは、満足な老後生活は送ることは出来ない可能性が高いということを指しているのです。

年金に頼ることなく老後生活を送るための準備

年金に頼らない老後生活を送るためにはどうすればよいのか?という話になりますが、それは、生活資金として年金以外の資金確保を個人的にしておかなければ、安心できる老後生活は送れないということになります。

日本の年金制度の評価を見てみると、今後訪れるだろう自分の老後生活が、果たして明るいものかどうなのか、おのずと答えは出てくるでしょう。

老後生活について、しっかりと自分自身のこととして、真剣に考えて老後の対策をしておかなければならないのです。

年金制度の世界ランキングの評価が悪いからといって、日本の政府がこれから大きな改革に着手して年金制度を大幅に見直しして、見違えるほど良くなるようなことは、ほとんど期待できないでしょう。

借金大国であり、超高齢化社会にもなっている日本において、これから社会保障費のための予算を問題なく捻出できるかどうかは、はなはだ不安が残ります。

年金制度について、どのように評価するのは個々人の自由であり、意見もいろいろあると思います。

しかし、安心して生活できる老後を迎えるためには、年金だけに頼るのではなく、自分でもしっかり準備しておく必要があるということは、誰にでもわかることだと思います。


お金の不安を無くしたい「無料メール講座」

将来の生活に対する不安は誰にだってあるもの。
ただいま、無料メール講座を開催しています。

いまなら、ご登録の方全員に
「ネットで10万円稼ぐ方法」
無料でプレゼントしています!(*^_^*)