この記事を読むのに必要な時間は【約 2 分】です。

老後の家賃が払えない?生涯賃貸住宅の場合
老後生活のために準備しておくべき貯金の目標額を試算してみると3,225万円という計算結果となりました。
「老後資金はいくら貯金すれば安心なのか」のページ参照

しかし、この記事の中で試算する際に参考にしたデータは、持ち家の人となっているので、実は家賃代は計上されていないのです。

賃貸住宅の家賃の支払いで老後破産する可能性

生涯ずっと賃貸住宅に住む予定の人は、老後資金として5,725万円の貯金が必要です。

現在の住居は持ち家では無く、老後も変わらず生涯に渡って賃貸住宅に住む人の場合には、老後生活での家賃が払えなくなる可能性があるので注意が必要です。

マンションやアパートに住んでいる人の場合には、老後貯金3,225万円以外に家賃分を上乗せした金額を老後生活のための資金として準備しておく必要があります。

たとえば今住んでいる住宅の家賃が70,000円だとすれば、7万×12ヶ月×30年約2,500万円もの資金が必要になります。

もう少しスケールダウンして家賃50,000円、さらに期間も短くして、老後生活20年として計算すると1,200万になります。

不確定要素がたくさんある老後生活がどうなるか、今から心配しても仕方が無いという考えもあります。

分かりもしない老後生活のことをあれこれ考えてシュミレーションをしたところで、現実問題として得られる収入の範囲内で暮らしていくしか術が無いのも事実です。

老後の準備を開始するのは早ければ早いほど良い

自分で稼ぐことのできる現役時代とは異なり、働くことも融資を受けることも困難になる老後生活においては、どうあがいても無い袖は振れません。

いくら考えても成るようにしかならないのが現実ですが、選択肢がどんどん無くなっていく老後生活を迎える前に、現役世代のうちに、前もって老後資金の準備をしておくことが必要です。

定年退職してからでは、準備しようにも何にも手立てが無くなってしまう可能性も十分にあります。

老後生活をシュミレーションして、老後のために必要となる貯蓄などの対策は、早ければ早いほど無理なく余裕をもって出来るようになります。

定年退職して老後生活を迎えるまで、まだまだ時間はあると悠長に構えているのではなく、先伸ばししないで、今できることをすぐにでも開始することをおすすめします。