この記事を読むのに必要な時間は【約 7 分】です。

老後生活に必要な平均貯蓄額
老後のために何か準備をしなければならないと考えて、どれくらいの老後貯金をすれば良いのかと、老後生活に必要な平均貯蓄額を調べたところで、何の対策にもなりません。

ほかの人がどのくらい老後のために貯金をしているのか、平均貯蓄額を知りたいと思っている人が少なくないようですが、老後生活のためのリスクマネジメントとしては、何の役にも立ちません。

大切なのは自分自身の老後のことです。自分の老後貯金に必要な貯金額を計算してみることで、老後の生活スタイルがより明確になるでしょう。

みんなが老後のためにと貯蓄をしている平均額を超えていれば、自分の老後も大丈夫だろうと考えがちですが、平均額を目標にすれば良いという単純なものではありません。

何故なら、人それぞれ生活スタイルは異なり、収入も支出も異なるので、たとえ他の人たちの貯蓄の平均額よりもたくさん貯蓄をしたとしても、自分の老後生活の安定にはつながらないのです。

老後生活に必要な平均貯蓄額は単なる参考データに過ぎないのであって、決して目標とすべきものではありません。単なる統計データに過ぎない平均値に、老後の普遍的な正解を求めるのは現実的ではないのです。

平均貯蓄額ではなく収入と支出のバランスが大切

老後のための貯蓄がたくさんあっても、収入よりも支出が多ければ、貯蓄はどんどん目減りして、いつかは貯蓄が底をついてしまうこととなり、そのままの状態が続くと、いずれは老後破産してしまう可能性が高くなります。

反対に貯蓄がほとんどなくても、老後生活の収入が支出よりも多ければ、破産することなく老後生活を送ることができます。

もちろん老後のために貯蓄をするのは決して悪いことではありませんが、老後生活のリスクを考えるのであれば、平均貯蓄額を調べるよりも、収入と支出のバランスを考える事が大切なのです。

極端なことを言えば、老後のための貯蓄を1,000万用意している人が老後破産して、貯蓄が100万しか無い人が安定した老後生活を送っているということも考えられるのです。

老後生活の収入と支出のバランスを考える時に、調整しやすいのは支出であり、収入を増やすというのは、そう簡単にできるものではありません。

老後の生活費を調整するために水道光熱費や住居費などの生活するために最低限必要となる固定費を削減することは不可能ですが、レジャー費や交際費、食費などの流動費は少し我慢をすれば、簡単に調整することが可能です。

このように支出は、自分の意志で調整することが可能ですが、老後の収入については、そう簡単なものではありません。

会社を定年退職した後の老後生活を送るようになってからのことを考えると、会社勤めをしていた時にはあった給与収入は無くなり、定期的な収入は年金だけに頼ることになります。

年金額は決められた額しか受給できず、また収入を増やすといっても、老後にできる仕事は簡単なパートやアルバイトなど限られたものしかできないので、大幅な収入アップを望むことは、ほぼ不可能です。

老後生活を送るためには、収支のバランスを考えることが必要なのですが、自分の受給する年金額をどれくらいの人が把握しているでしょうか。

老後のリスクマネジメントのためには、老後貯蓄の平均額を調べる前に、自分の年金受給額を確認して老後生活費の支出との差額を算出した上で、老後生活の安定度を把握することが重要になります。

自分の年金受給額を確認するには「ねんきんネット」で調べる方法があります。

老後の年金受給に対する過度の期待は禁物

老後はたっぷり年金をもらって、悠々自適の生活を送ることができると考えている人は、まさかいるとは思いませんが、これから老後を迎える予定の人たちは、決して順風満帆では無いということをある程度は覚悟しておいた方が良いでしょう。

私たちの少し前の世代の老後生活を見てみると、十分な額の年金が支給されており、誰もが安心して満足できる老後を送ることができていたのは、まぎれもない事実です。

日本はこれから、かつて一度も経験したことのない超高齢化社会へと突き進んでいる中で、私たち国民の間では、年金制度をはじめとした社会保障の将来について、相当な不安が高まっていることを感じずにはいられません。

バブル崩壊以降、長引く不景気の中で、年金財源の負担は相当大きなものとなってきており、また日本の経済状況や社会保障のこれからのゆくえについて、悲観的な情報が飛び交っているのを見聞きしていると、閉塞的は雰囲気がどんどん強まってきています。

年金制度はもちろんのこと、医療や福祉分野を含めた社会保障の今後が問われている中で、課題を明確にして、具体的な解決案を提示されることを多くの人が期待していると思いますが、私たちの気持ちを晴れやかにしてくれるような話題はほとんどありません。

このままでは、近い将来に年金制度は破たんしてしまうだろうと、専門家の人たちの間で議論がされています。

政府の審議会や関係機関から発表される方針や改革案を見てみると、当面の財政難をどうしのぐかと言った、場当たり的な対処療法的なことばかりに終始しており、調べれば調べるほど、ますます年金制度に対する不安感が募るばかりです。

これほどの経済の低迷や少子高齢化の社会は、これまでの日本で一度も経験したことの無いことであり、これからの日本の将来を予測することは相当に困難なことになっていることは理解できるところではありますが、それにしても年金制度に関するものは、暗い話題が続いています。

このような状況になっていることを考えると、老後生活の収入を年金による収入だけに委ねることは、大きなリスクになってしまいます。

今の年金の満額支給になる年齢は65歳となっていますが、高い確率で70歳、場合によっては75歳になる可能性もあります。

あくまでも想像ですが、これからそう遠くない時期に、年金の満額支給年齢がさらに引き上げられることは避けられないことでしょう。

さらに、ここ数年の傾向を見ても、年金支給額の水準も引き下げらえることも十分に考えらえることであり、そんな状況になれば、年金だけでは生活できない高齢者がどんどん増えてくることでしょう。

誰もが安心して暮らせる老後のために年金は必要不可欠なものですが、年金制度に対する長期的なビジョンが見えてこない以上、年金制度への過度の期待はしないで、自己防衛のための方策を講じる必要があるでしょう。


お金の不安を無くしたい「無料メール講座」

将来の生活に対する不安は誰にだってあるもの。
ただいま、無料メール講座を開催しています。

いまなら、ご登録の方全員に
「ネットで10万円稼ぐ方法」
無料でプレゼントしています!(*^_^*)


老後生活のリスク対策には収入増加が必要不可欠

老後になってもらえるかどうか分からない年金だけに頼っていたのでは、安心して暮らせる老後を迎えることはできません。

いまと同じ水準の年金をこれから先もずっと支給されるとは限りません。ここ数年の年金支給額が減っていることを考えると、年金以外の収入源を確保しておく必要があります。

老後のために貯金をしているしっかり者の人もいることでしょう。老後は定年した時の会社から支払われる退職金があるから大丈夫という人もいるでしょう。

毎月の収支のバランスを見たときに、赤字になっているのであれば、老後貯金や退職金を取り崩しながらの生活となるので、いずれは貯金も底をついてしまいます。

まずは将来受け取る年金の見込み額を調べましょう。そして会社に問い合わせて、自分が退職した時に支給されるだろう退職金を確認してみましょう。

長生きすればするほどリスクが高くなることを理解した上で、しっかり老後生活の計画を立てなければなりません。

老後生活の期間の設定は、自分がどれくらい生きるのか予想することは誰にもわからないのでなかなか難しいものです。

定年退職した後、自分が亡くなるまでの期間を予想して、年金支給額と老後の生活費との収支のバランスを計算した上で、老後貯金と退職金の予定額だけで、老後生活が送れるかどうか試算してみましょう。

老後生活が赤字になる場合には、何も対策をしなければ、老後破産してしまう可能性が高くなります。
老後生活の収支をプラスにするためには、収入をプラスすることが一番効果が期待できます。年金は減ることはあっても、増えることはほぼ無いでしょう。

年金支給額が減額されることが予想される以上、年金収入以外の収入源を確保しておく必要があります。