この記事を読むのに必要な時間は【約 6 分】です。

老後貯金の平均額を知って悲観している人
本当にもらえるかどうか分からない年金のことなど、老後生活のことを考えるといろいろと不安になってきます。

破たんしてしまうかも知れない年金なんてあてにしないで、老後貯金をしなければならないと考えている人も少なくないでしょう。

中には「老後貯金いくら必要なのか調べるのはナンセンス」という考え方もあります。

老後貯金の平均額が分かっても老後生活のリスク回避にならない

老後のことを考えると、みんなは一体どれくらいの老後貯金をしているのか、とっても気になるところであり、老後貯金の平均額を見て悲観している人もいるようですが、あくまでもひとつのデータなので、その貯金の平均値だけを見て、自分のことを良いとか悪いとか判断してしまうことはありません。

それよりも大事なのは、いくら他人の老後貯金のデータを知ったところで、自分の老後生活のリスクを回避することにはならないことを理解しておくことです。

平均値を見て一喜一憂するのではなく、自分の老後生活にフォーカスして、今できることをしっかり考えて、具体的な行動を起こすことが老後のリスクを回避する対策方法として、一番効果のあることなのです。

それでも、ほかの人たちがどれくらいの老後貯金をしているのか気になる人のために、老後貯金の平均額を算出したデータを紹介します。
老後貯金の平均額~不安のない老後生活~老後貯蓄は必要なのか
老後貯金の平均額のデータになりますが、この貯蓄額より少なかったとしても決して悲観する必要はなく、大切なのはこれから老後までの期間に何をするかです。

老後貯金は最低限どのくらい必要なのか

どのくらいの老後貯金をしておけば老後は安泰なのか、誰もが気になるところです。

年金のことに詳しい社会保険労務士やファイナンシャルプランナーなどの専門家による老後の生活費用については、いろいろと試算されています。

しかし、老後貯金の計算は複雑であり、またシミュレーション結果に差がありすぎて、参考になりません。何を信じれば良いのかわからない人もきっといることでしょう。

老後貯金は1,000万あれば大丈夫という人もいれば、5,000万は老後貯金として用意しておく必要があるとか、中には1億円なければ老後は心配だと言う人もいます。

こんなにも老後貯金の額に差があると、もう何を基準にすれば良いのか、調べれば調べるほど分からなくなってきてしまいます。

老後貯金の試算にこれほどの差が出てきてしまうのは、計算するための設定条件が、人によってあまりにも差があるからです。

老後に必要な貯金額を計算するために最低限必要になるのは、「老後生活の月額費用」と「老後の期間」と「月の年金受給額」です。これらの3つの金額があれば、老後貯金の必要額が試算できます。

「老後貯金」=(「老後生活の月額費用」-「月の年金受給額」)×「老後の期間」

最初の「老後生活の月額費用」については、いまの生活費なら分かりますが、自分の老後にどれだけの生活費が必要なのか、予想することは難しいものです。

夫婦2人なのか1人なのか、どれくらい食費が必要なのか、病気になれば治療代も掛かるし、できれば旅行にも行きたいとか、住宅のリフォーム代とか冠婚葬祭費など、人によって様々です。

「月の年金受給額」については、年金制度は100年経っても大丈夫だとする一部の政党による主張もあれば、もうすでに制度自体は崩壊しており、近い将来、年金は破たんしてしまうだろうと予想している大学の先生もいて、私たち一般庶民は何を信じれば良いのか分かりません。

年金がゼロになる可能性がなる中で、果たして自分がどのくらいの年金を受給できるかなんて、計算することが出来るのでしょうか。

年金制度についてあまりよく知らない人は、当サイトのこの記事を読んでおくことをおすすめします。
日本の年金制度は世界的に見ると最下位に近い
客観的に見た年金制度の評価なので、自分の老後生活を考える上で参考になると思います。

最後の「老後の期間」ですが、定年退職をして収入が無くなり、年金生活がスタートした後、死亡するまでの期間になります。これこそ誰にも予想ができない不確定要素です。

しかも、1年2年の差が計算結果に大きく影響するので、老後貯金の試算額に差が開いてしまう原因になっています。

老後貯金の必要額を具体的に計算する方法

老後貯金の計算するために必要となる3つの項目はどれも予想しにくい内容なので、いくら試算をしたところで、現実とは大きく離れてしまう可能性が十分にあります。

予想することが困難なものをいくら考えたところで無駄なことであり、老後貯金の試算をすること自体、意味を成さないのではないかと思えてきてしまいます。

ここで老後貯金を試算しても意味が無いと断言してしまうと、身も蓋もないので、簡単に計算できるシミュレーションがあるのでご紹介します。

老後資金として最低限必要な貯金額を計算する方法のページ

算出した老後貯金の金額データが多いとか少ないとかではなく、試算するにあたって老後のことを考えながら、年金額を調べたり、老後生活を送るために住居をリフォームするとか、夫婦旅行の計画を立てるとか、あれこれと試算するという行為そのものが大切なのです。

老後のために貯金をしている人としていない人

老後に限らず、将来のために貯金が必要だと多くの人は思っていることでしょうが、今の生活が厳しくて、なかなか貯金なんてしていられないという人もいます。

子供教育費や住宅ローンの返済などがあり、いま現在の生活費用を工面するだけで精一杯で、老後貯金のことなんて考える余裕もない人も少なくないでしょう。

将来のことを考えて、こつこつ老後貯金を貯めている人もいれば、まったく貯金なんてしていない(したくても出来ない)という人がいるのも事実です。

いろいろな情報が飛び交う中で、何を信じれば良いのか心配している人もいれば、そもそも貯金なんて必要ないと江戸っ子のように、宵越しのお金は持たないと散財している人も見かけます。

老後のためにと言っても、自分の寿命なんて分かるわけが無く、老後貯金はこれだけ用意しておけば大丈夫という金額なんて、簡単に計算することは出来ません。

年金制度の先行きが不安視されている中で、老後のために生活資金を準備しておかなければ、年金だけでは満足な生活を送ることはできないという意見はたくさんあります。

その反面、老後のためにいくら貯金をしていたとしても、年取って体が不自由になってからでは、お金の使いみちも無くなってしまうので、高齢になってからの生活費のために、今からせっせと節約するのは、とても馬鹿げていることだという意見もあります。

老後のために貯金をするのではなく、何でもできる若いうちに、遊びや旅行に使った方が、効率の良いお金の使い方であり、人生を楽しく送ることができるという人もいます。

コツコツと老後のために、したい事もせずに我慢してせっせと貯金をしていたとしても、結局は一切お金を使うことなく、病気や事故で亡くなってしまう可能性もゼロではありません。

このように老後貯金に対しての考え方は人それぞれあり、いろいろな意見があると思いますが、区別するとだいたい次の3つに分けられます。

老後貯金をしていない人
貯金なんて意味が無い。今が良ければそれでいい。なるようになるさという人
老後貯金をしている
老後のことをしっかり考えて、こつこつ老後貯金を実践している準備万端の人
老後貯金をしたくてもできない人
いまの生活が厳しくて余裕は無いけれど、老後貯金は必要だと考えている人

老後貯金に対する考え方は人それぞれであり、正解は1つではありませんが、少なくとも老後生活において予想されるリスクのほとんどは、お金によって回避することのできるものばかりです。

ほかの人と比べて老後貯金の金額が多いとか少ないとかを考えることよりも、金額は少なくても良いので、来るべき老後のためにまずは老後貯金を始めるという行動を起こすことが必要不可欠なのです。