この記事を読むのに必要な時間は【約 2 分】です。

老後資金として最低限必要な貯金額を計算する方法老後資金いくら必要なのか、最低限準備しておくべき貯金額予想して、早いうちから老後資金を意識して、貯蓄をはじめることは、不安要素の多い年金制度のリスク対策にもなります。

中には老後のことは定年退職してからで良いだろうと悠長な考えをしている人は、老後破産してしまう可能性が高くなります。老後の準備は早ければ早いほど、余裕を持って無理なく進めることができます。

老後資金の必要額「5ステップで簡単計算」

いまから20年~30年後の自分の収支をイメージして、最低限の老後資産を備えておく必要があります。

老後の収入と支出の想像ができれば、必要な老後資金を知るステップの半分ができたも同然です。

以下のフォームに入力するだけで、最低限必要な老後資産に関する【計算結果】が自動的に表示されます。

あとは、定年退職する65歳までの期間に、計画的に貯蓄をするための目標値を設定して、今から準備できることを進めていくだけです。

65歳で定年退職をして90歳までの25年間を老後生活の前提として計算をしていきます。

定年退職する65歳までの目標値を設定したら

65歳で定年退職することを前提として、老後生活に必要となる老後資金についてシュミレーションしてみました。

定年退職した後は給与収入が無くなり、収入は年金だけになってしまうので、多くの人の老後は貯金を切り崩しながらの生活になります。

算出された老後資産を定年までに準備できなかった場合には、老後破産してしまう可能性が高くなります。

上のシュミレーションによって、いまから65歳までの期間に毎月どれくらいの貯金をすれば良いのか、だいたいの目安が分かりました。

もちろん自分が何歳まで生きるか分かりませんが、定年を迎えるまで何もしないのは不安なので、できるだけ早い時期から老後のための資金作りを始めることをおすすめします。はやめに取り掛かった方が、余裕を持って準備することができるのは言うまでもありません。

老後資金の必要額を貯める一番簡単な方法

老後資金を意識して、生活費を節約するとか、余ったお金を少しでも貯蓄に回すとか、収入を増やすために工夫をするとか、今から行動を起こすことで、安心できる老後生活を送ることが可能になります。