この記事を読むのに必要な時間は【約 6 分】です。

老後資金の必要額を貯めるために試行錯誤している人に朗報です。老後貯金を貯める効率を上げるにはいくつかポイントがあります。

老後資金は老後を迎えるまでに準備しなければならないので、効率よく貯金していかないと時間が足らなくなってしまいます。

老後貯金を貯めるために一番簡単な方法
を実践すれば、誰でも簡単に効率よく老後資産を構築できるようになります。
老後資金の必要額

あなたの年収は低すぎませんか?

ネット上でよくある求人サイトの広告を見て、ドキッとした人や思わずクリックしたことがある人も少なくないでしょう。

長引く不景気の中で、1990年代から日本人の平均所得は下がり続けており、ずいぶんと長い間、平均年収は低く推移している昨今、十分な額の給料をもらっていて、満足した生活を送っている人はそう多くないと思われます。

「もっと給料を上げてほしい!」
「家計は毎月のように赤字でたいへん!」
なんて悩みを抱える家庭も多いのではないでしょうか。

まわりの人たちをみても、会社の業績が良くて給料が上がり、ボーナスもたくさん支給されて最高!なんていう人は、ほとんどいないでしょう。

毎月の収入がもう少し増えたら、生活や趣味に使えるお金も増えて、毎日の生活が楽しくなるでしょう。

老後のことが心配で、いまから準備をしなければと思っている人も、余裕をもって貯金ができるようになるでしょう。

日本の生活スタイルは変化してきている

世界の国から見て、日本が持っている魅力といえば、終身雇用制と社会保障制度です。

終身雇用制とは、一度会社に入社すれば、定年退職するまで解雇されることなく働き続けることのできる制度であり、最大のメリットは給与収入が保証されていることです。

社会保障制度の中でも特に年金制度においては、定年退職した後に死亡するまでの間ずっと年金が支給されるというものです。

ひと昔前の日本では、退職後には十分な額の年金が支給されて、自適悠々の老後生活を送っている高齢者の姿は当たり前に見る光景でした。

しかし今の日本の高齢者は、年金収入では満足に暮らすことが出来ないだけでなく、中には生活費が不足して、老後破産してしまう人も増えているのが現状です。

(これまでの老後生活)

学校を卒業して入社した会社は雇用の心配をすることなく働くことができるので、安定した収入があり、定年まで一生懸命会社に尽くせば対価として退職時にまとまった額の退職金をもらうことができる。
会社員時代の給料から納めていた年金保険によって、老後生活を送るには十分な額の年金が支給されるため、老後は何不自由なく生活することができる。

(これからの老後生活)

不景気の影響でリストラや早期退職勧告は日常茶飯事に行われ、一部上場企業でも倒産する中で、終身雇用制はもちろんのこと退職金制度も無くなっている会社が増えています。
過去に経験したことのない超高齢化社会へと変化している日本において、年金制度を維持するための国家財政の余裕は無く、年金支給開始年齢は引き上げられ、また支給額も年々減額されており、プラスの要素はまったくありません。

  • 容赦ないリストラと会社都合による給料や退職金のカット
  • 崩壊寸前の年金制度

これらの状況を踏まえると、何もしないで定年退職を迎えてしまうことのリスクの大きさが分かると思います。

老後のことは老後に考えたのでは間に合わない

リストラや年金制度の破綻といった危機感を抱きながらも、老後のことは老後になってから考えれば良いと思っている人が多いようです。

どんな人も年を取ることを止めることはできません。生きている以上、いつかは定年退職をする時が来て、いずれは給与収入が無くなってしまいます。

これまでの日本にあった社会に守られる環境は無くなりつつあり、これからは自分のことは自分で守る環境に変化していることに気づかなければなりません。

いずれ訪れるかも知れない危機を感じながらも、心のどこかにうっすらと期待感もあり、日々の生活に忙殺されながら、無意識のうちに問題の先送りをしている人がほとんどです。

ここ数年の日本の経済状況を見てみると、私たちを取り巻く環境は確実に変化しており、特にこれから高齢者となる人たちの環境は、悪くなることはあっても決して良くはならないだろうことは、容易に予想できることです。
このような環境の下で、老後のことは老後になってから考えていたのでは手遅れになってしまいます。

定年退職すれば給与収入は無くなり、収入な年金だけになるので、それから対策をしようとしても出来ることはほとんど無くなってしまいます。

老後の対策は早ければ早いほど、無理なく進めることができます。残された時間が多いほど、余裕を持って準備をすることができます。

残された時間は多くありません。すべての人にほぼ確実に訪れるであろう老後のリスクを回避するためには、すぐに行動を起こすことが必要不可欠です。

いますぐ収入アップのための行動が必要

給料アップはとうてい望めない今、最後の切り札となるのがネット副業です。ネット副業なら、仕事や家事のスキマ時間を有効活用して、だれでもお金を稼ぐことができるのです。

自宅にあるパソコン1台で、いまの収入にプラスして稼ぐことが可能になります。

インターネットの普及によって、会社勤めによる給与収入以外に、自宅のパソコンを活用して、副収入を得ている人が増加しています。

政府の働き方改革を見ても分かるように、収入を得る方法は随分と多様化しており、中には副業を推進している企業も出てきており、新聞やニュースで話題になったことも、記憶に新しいところです。

現状を打破しようと行動を起こして、ネット副業で収入を得ている人が増加している中で、給料が上がらない!貯金ができない!と現状を嘆いているばかりで、行動を起こさない人は、いつまで経っても、問題を解決することはありません。

自宅にあるパソコンを活用して、ちょっと頭をひねるだけで、カンタンにお金が舞い込む時代が到来しているのです。と言っても、パソコンでお金を稼ぐとか、ネット副業とか、すぐにはイメージがわかないものです。

そんな人のために、実際にネット副業で儲けている人たちが実践しているノウハウを無料で提供いたします。具体的に稼いでいる収入や儲けのネタを余すことなくお伝えしています。

これを読んでヒントを得たら、いますぐネット副業を始めましょう。決して難しいものではありません。パソコン初心者や、シニアの方でも大丈夫です。

いまのお給料にプラスして、副収入を稼ぐためのノウハウを無料でお伝えしています。このノウハウを入手すれば、いまのお金が足りないという生活の悩みから解放されることでしょう。

毎月10万円の副収入を得ることのメリット

老後の対策方法は決して1つではありません。世の中にはたくさんのお金を稼ぐ方法があり、人によって向き不向きもあります。

仕事が忙しいサラリーマン、子育てに忙しい専業主婦、休みなく家事と仕事を両立しているシングルマザーなど、おかれている環境も千差万別です。

どんなに忙しい人でも、パソコンの知識がほとんど無い人でも、だれでも実践できるネット副業のノウハウをお伝えしています。

「お金がラクラク貯まる秘密の講座」では、月10万円を自宅のパソコンで稼ぐ方法を紹介していますが、この月10万円を使って、外食したり旅行に行っていたのでは意味がありません。

たかが10万円かも知れませんが、稼いだそばから散財するのではなく、以下に記載する方法で資産運用すれば、立派な老後対策とすることが出来ます。

少し数字がたくさん出てきますが、できる限り平易な内容にしているので、一度目を通していただければと思います。
複利運用による積立貯蓄は単なる貯金ではない