この記事を読むのに必要な時間は【約 9 分】です。

老後貯金をしている人でも、老後破産を回避できなかったケースがあります。
老後貯金を用意していても老後破産してしまうのが現実です。下流老人へ転落するリスクは誰にでもあります。

実際に老後破産してしまったケースを見てみると、老後生活おける収支予測がしっかりされていなかった場合が多いことが分かります。

老後の生活計画をしっかり立てることは、老後破産を回避する方法として必要不可欠なものなのです。

貯金だけでは老後破産を回避できない

老後貯金に必要な貯金額を計算してみることで、老後貯金の計画が立てやすくなるので参考にしてみてください。

この記事を読んでいる方の多くは、定年退職する前の現役世代の人であり、老後破産なんて自分には関係ないと思っていることでしょう。

老後貯金の平均額老後破産の原因について調べている人と思われますが、実際に老後破産に陥っている人ではないことでしょう。

しかし、老後破産はいまの日本では現実に多数起きていることであり、下流老人へ転落してしまうリスクは誰もが持っているのです。

老後破産は決して他人事では無い

高齢者の老後破産が増えている

老後破産というキーワードは昔からある訳では無く、ほんの数年前から取り沙汰されてきたもので、比較的新しいものです。一般的に破産と言えば、事業に失敗したとか、ギャンブルにはまって消費者金融から多額の借金をしてしまったとか、お金に対するリスク管理の甘さが原因になっている場合がほとんどです。

一方、老後破産は、定年退職して年金生活をしているごく普通の高齢者の人でも起きてしまう可能性があり、高齢化社会の日本で大きなリスクになるだろう社会問題として、危惧されています。

年金だけの老後は生活が苦しい

一昔前の年金生活は十分な額の年金が支給されており、自適悠々の老後生活を送っている高齢者のことを見てきた人も少なくないと思いますが、いまの高齢者の生活の現状を見てみると、決して優雅な老後生活を送っているとは言えないのです。

年金をはじめとする社会保障費の国家予算に対する負担増が問題となっている背景から、年金の支給額はここ数年、減額されていることをご存じでしょうか。

特に現役世代の人は、いまの高齢者の人たちの年金額や老後貯金の平均額なんてあまり気にしたことが無いでしょうが、年金を受給している人でさえ、老後破産しているという現実があることを、少なくとも知っておいた方が良いでしょう。

老後破産は誰にでも起こる可能性がある

高齢者が老後破産している現実

年金を受給している人でさえ、生活が成り立たなくなり、家計が破綻してしまう高齢者がいることは、紛れもなくこの日本で起きていることなのです。

ここ数年は不景気が続いている日本ですが、それでも世界的に見れば経済的に恵まれており、豊かな生活を送っていると思われがちですが、高齢者が老後破産しているという現実もあるのです。

では一体、どんな人が老後破産をしているのでしょうか。老後のために用意している老後貯金の平均額はどのくらいなのでしょうか。

社会問題になっている老後の貧困生活

現在の高齢者が置かれている貧困状況の一面が良くわかる、2015年6月30日に起きた悲惨なニュースを覚えている人も多いでしょう。

年金生活を送っていた71歳の高齢の男性が、年金の支給額が少なくて生活が苦しいことを悲観して、乗っていた東海道新幹線の列車の中で焼身自殺をした事件です。

本人だけでなく無関係な乗客1名を犠牲にした惨事は、社会的に大きな衝撃をもたらして、この事件をきっかけに「老後破産」や「下流老人」という言葉が多くの人に知られるようになりました。

この高齢者の年金受給額は月12万円だったということが分かっており、住んでいた地区の生活保護基準の月14万を少しばかり下回るものの、極端に低いわけでは無いにも関わらず、将来を悲観して、ガソリンをかぶって焼身自殺を図ったのです。

この事件から分かることは、いまの日本において、今回のケースのような老後の貧困生活に陥ってしまうのは、決して特別なものではなく、平均的なサラリーマン生活を送って、毎月毎月欠かさず年金を納めている人にも、近い将来現実問題として直面する可能性が十分にあるということです。

国民年金ではなく厚生年金でも老後破産する可能性

長年、サラリーマンとして真面目に働いて、60~65歳で定年退職した後、ごく普通の年金生活をしている人でも、老後破産してしまう可能性があることを示唆しているのです。

いま日本では生活保護の申請が増加しており、老後の格差は拡大しているそうです。この事件は、超高齢化社会に突入している日本における高齢者の貧困という実態を浮かび上がらせました。

すべての人がいずれは定年退職して収入が無くなり、年金受給に頼る生活を強いられるのは紛れもない事実です。決して他人事で無く、それほど遠くない自分の問題として、しっかりと考えておく必要があるでしょう。

老後破産しないための対策を考える

貯金を切り崩しながら生活する老後

老後破産とは、定年退職した老後の生活費が、年金受給だけでは足りなくて、退職金や老後貯金を取り崩しながら生活しているうちに蓄えも無くなってしまって、生活が立ちいかなくなった結果として起きてしまうものです。

ギャンブルや事業の失敗などの大きな負債も無く、ごく普通の年金生活をしている高齢者でも老後破産してしまう現実がある中で、老後破産しないための対策はあるのでしょうか。

老後破産に陥った人の状況を見てみると、その多くがお金さえあればリスクを回避できたものばかりです。もちろん人生はお金がすべてではありませんが、お金が無ければ生活することはできません。

老後の対策は早ければ早いほど良い

元気で働いている現役世代の人にとって、老後生活とか老後破産などと言っても遠い将来のことであって、まったくもってイメージできないものかも知れませんが、収入のある現役世代の若い時から、お金の使い方や貯め方をしっかり考えておく必要があります。

なぜなら、高齢になってからでは、時間も体力も気力も少なくなり、老後の対策を立てようにも、定年退職を迎えてしまうと、誰もが年金と貯金を取り崩しながらの生活になり、
日々の老後生活で精一杯で、何も出来なくなってしまうからです。

老後のことも考慮したライフプランを

世界的に見てもトップクラスの長寿国になっている日本において、長生きするのはもちろん喜ばしいことですが、その反面、長生きすることによって発生するリスクも考えておかなければなりません。

今までになく長生きできるようになってきている中で、定年退職した後の人生は20年とも30年とも言われています。

20年も30年もの長い間、年金だけでは到底、満足した老後生活を送ることは困難になることは容易に予想されます。その長い老後の人生を乗り切るには、若いうちから人生を見通したお金の使い方とお金の貯め方を考えておく必要があります。

もちろん現役世代の生活における収支を考えることも大切ですが、ますます長くなっている老後生活の期間についても、しっかりシミュレーションしておかなければ、老後破産してしまう可能性が高くなっていまいます。

老後破産しないためには老後資産を残すこと

老後貯金ではない方法による老後対策

世の中の社会保険労務士やファイナンシャルプランナーなどのお金の専門家の人たちの多くは、老後のために必要なのは老後貯金をすることだと言っています。

もちろんそれは間違いではなく、年金だけでは足りない老後生活には必要不可欠なものですが、唯一の欠点は、いくら老後貯金をしたとしても、その貯金は使えば使っただけ目減りをするということです。

ここでは、安心できる老後生活を送るために役立つ方法として、老後貯金ではない他の方法を紹介していきます。

収入には労働収入と資産収入とがある

現役世代の人の多くは、どこかの会社に勤めて給与収入を得ていると思います。もちろん自営業をされていて収入を得ている人もいるでしょうが、どちらも収入のタイプとしては「労働収入」になります。

収入には2つの種類があり、労働収入と資産収入があります。この2つ収入の違いを理解して、いずれやってくるだろう老後のために、どのように収入を得ていくかで、人生は大きく変わってしまいます。

魅力がなくなってしまった低金利の貯金

昔は退職金もしっかりと支払われて、潤沢な年金も支給されて、優雅な老後を謳歌している高齢者は多く、前述の「労働収入」だけで、なんとかなりました。学校を卒業して、定年退職するまで真面目に働いてさえいれば、自適悠々の生活、安心して暮らせる老後生活が待っていました。

今となっては想像もつきませんが、金利は現在と比べて100倍以上もあり、給料の中から少しずつ銀行に預けて貯金をしていれば、金利によってどんどん貯金額も増えていったのです。

長引く不景気の中で時代は変化して、銀行の金利は0.02%ほどに下がってしまい、いくらお金を貯金したとしても増えないどころか、下手にコンビニなどのATMでお金を下ろそうものなら、手数料分だけでマイナスになってしまいます。

崩壊の危機に面している日本の年金制度

また、日本の少子高齢化は進み続け、2030年には人口の3分の1が65歳以上の高齢者になるといわれており、若い世代の人たちによる負担によって、高齢者を支える仕組みの年金制度は、超高齢化社会へと突き進んでいる日本において、もはや崩壊寸前となっています。

実際にここ数年の年金支給額は減額されており、すでに年金制度そのものが崩壊しているという専門家もいます。

老後に対する不安はなんとなくあるけれど、年金がどれくらい支給されるかも知らず、家計簿も付けていない人や年金はどうせ破綻するのだからと、年金を納めていない人も少なくありません。

定年するとゼロになる労働収入

老後のために何かをしているかというとそうでも無く、多くの人が、なんとかなるだろうと安易に考えている人がほとんどです。

年金制度はこの先どうなるか分からない今は、昔と違ってどうにかなるさという考えでは通用しない時代になっているのです。前述したように真面目に働いて年金を納めていた人でも老後破産してしまう可能性が高いのが、今の日本の高齢者を取り巻く現状です。

つまり、労働収入は定年を機にゼロとなり、貯金も使えば目減りするので、老後破産しないための対策としては不十分です。

年金制度も将来的には不透明であり、破綻する可能性もあると予想されているため、年金以外の収入源を確保しておく必要があります。

老後貯金ではなく老後資産を残すことが大切

老後破産のリスクを回避する唯一の方法

真面目に会社勤めをして得られる労働収入だけでは足りないと言われても、老後破産しないために何をどうすればいいのか、分からないといった気持ちが正直なところでしょう。

年金もあてにできず、長引く不景気の中で退職金も多くは見込めない、さらにいまの低金利のままではまとまった貯金もそれほど期待できないとなると、老後破産のリスクを回避するために一体何をどうすれば良いのでしょうか。

今からでも出来る方法としては、まずは老後資産を作り、そこから収入を得るという選択肢しか残されていません。

作った資産から収入を得るというこのタイプの収入は、資産収入と呼ばれており、一度構築することができれば、何もしないでも継続的に収入が入ってくる仕組みです。

老後資産を構築すれば貯金が目減りすることはない

老後資産があれば収入が入り続けるので、高齢になって労働が出来なくなったとしても、収入が途絶えることは無いのです。

もちろん貯金のように目減りすることは無いので、いくら長生きしても安心です。つまり長生きすることのリスクを回避できます。

老後貯金は徐々に目減りして行きますが、老後資産は新たな収入を生むのが特徴です。

老後資産を作る方法は、これからの人生を大きく変えるほどの重要な情報になり得るでしょう。この情報を知っていれば、老後破産のリスクを回避できる可能性はかなり高くなるでしょう。

今なら無料で情報提供しています。いつ中止になるか分からないので、今すぐチェックしてみてください。
老後資産を構築して新たな収入をもらい続ける方法