この記事を読むのに必要な時間は【約 4 分】です。


定年退職した後の老後生活のシミュレーションは必要不可欠

老後生活の計画は、定年間際になってから始めていたのでは遅すぎます。ある程度余裕を持って計画を立てておけば、定年間際になって慌てなくて済むので安心です。

また、急に変更しなくてはならない不測の事態が起きたとしても、計画の段階でしっかり考慮していればスムースに変更することも可能になります。

もちろん計画通りに事はなかなか進まないものですが、老後生活のシミュレーションをしていく中で、今まで考えたことも無かったようなことに気づくケースもあります。

いきなり何もかも考えることは難しいでしょうから、まずはできることから少しずつ始めてみることをおすすめします。

自分が所有している不動産の価値を把握する

老後の計画を立てるときに重要なのは資金計画ですが、その中でも大きな金額になるのは住宅ローンの返済です。

定年退職する前にローンを完済しているのが理想ですが、人によっては住宅ローンの借入時に準備資金が少なくて、65歳や70歳までローン返済をしなければならない場合もあるでしょう。

そんな中でいま注目されているのが、所有している不動産を売却することによって老後の資産を構築する方法です。

リーマンショック以降、長引いた不景気から脱却して不動産業界で大きな動きが起きており、マイナス金利政策やここ数年のアベノミクス、そしてこれからやってくる東京オリンピックの影響によって不動産価格が上昇しているのです。

売るタイミングによって不動産価格は変動するものですが、まずは今現在の売却価格を知っておくことも必要です。

定年後は地方の田舎に移住して気ままな隠居生活をする

老後生活のシミュレーションをする中で、いま住んでいる所から別の地域へと転居することを考えている方もいるかも知れません。

将来は子供が独立して夫婦2人だけになると、今住んでいる一軒家は広すぎるから、維持費の掛からない住居に引っ越すのもひとつの方法です。

いまは都会の分譲マンションに住んで会社勤めをしている人が、老後は地方に移住して広い庭付きの平屋住まいを希望している人もいるでしょう。

いま住んでいる家がどれくらいの価値があるか調べておくと、老後の移住計画も立てやすくなります。

不動産売却の無料一括見積もりができる便利なサービス

不動産の価値や売却するタイミングなど調べておきたいことはいろいろありますが、インターネットの一括査定サイトを利用すればすぐに査定価格が分かります。

1社だけでなく、複数の不動産会社に査定してもらうことで、だいたいの相場が分かりますが、何よりも一番知りたいのは最も高い査定をしてくれる不動産会社です。

誰だって高く不動産を売却したいと考えますが、何社も査定を依頼するのは、時間もかかりそうで大変めんどうな作業です。

家に居ながらにして、たった60秒ほどで簡単に不動産の価値を査定してくれるとても便利なサービスがあります。

町の不動産に行く必要がなく、スマホやパソコンがあれば、いつでも手軽に自分の土地や住宅の価値を調べることができるのです。

もちろん手数料は必要なく無料で査定してもらえるので安心です。

大切な不動産を少しでも高く売るためには

不動産を売るには「いくらで売れるのか?」を調べることが必要です。まずは、不動産の査定をしてもらうことからスタートします。

「いますぐに売りたい」という方はもちろんのこと「価格次第では売りたい」とか「どれくらいの価格になるのか気になる」という人も、価格を調べることからはじめてみましょう。

高く売るコツは「査定価格」と「不動産会社」をしっかり比較すること!

どんな人でも「少しでも高く売りたい」という思いは同じです。しかし、査定価格は不動産会社にとってさまざまです。査定額に大きな差が出る場合もたくさんあります。

よく考えずに不動産会社を決めてしまうと、最悪の場合、市場価格より数百万円も安く売ってしまって、大きな損をしてしまうことだってあります。
大切な不動産を少しでも高く売るためには、査定価格と不動産会社をしっかり比較検討することが大切です。

しっかり比較しないと100~500万円
もしかしたら、もっと損してしまうかも知れません!

不動産を売却する時は一括査定サービスを利用して適正価格の情報を入手しておけば、損することを未然に防げます。

おすすめの不動産一括査定サイトをいくつかピックアップしていますので参考にしてみてください。