この記事を読むのに必要な時間は【約 1 分】です。

おすすめの不動産売却一括査定サイト一覧

名称サイト公表社数
開設年
運営会社特徴
スマイスター約1,400社
2004年
リビン
テクノロ
ジーズ
株式会社
優良企業を厳選
テレビCMでおなじみ
大手不動産会社から
地域に密着した
不動産会社まで
全国約1,400社以上
と提携
HOME4U約550社
2001年
株式会社
NTTデータ
スマート
ソーシング
運営歴16年と豊富な
ノウハウを持つ老舗サイト
知名度も高い
NTTグループが運営
悪徳業者の登録排除に
力を入れている。
HOME’S約1,300社
2014年
株式会社
LIFULL
CMでおなじみの
HOME’Sが運営
不動産情報サービスの
運営で培った情報を活かし、
充実した不動産会社の
情報を掲載している。
Re Guide約550社
2007年
株式会社
ウェイブ
ダッシュ
言わずと知れたSBI
グループの旧SBI
ライフリビングから
分社化。
一括査定サイトの中でも
長い約10年の運営歴
イエウール約1,400社
2014年
株式会社
Speee
2014年スタートの
比較的新しいサイト
掲載する会社数は
1400社と豊富
売却成立件数は
年間20万件を突破
イエイ約1,000社
2008年
セカイエ
株式会社
不動産会社とマッチング
する独自のシステム
勧誘に対しての
お断り代行サービスなど
健全運営にこだわりあり。
2008年から運営している
信頼できるサイト

不動産の売却をするなら早めの行動を

多くの不動産売買に関する専門家たちの予想を調べてみると、不動産市場における価格の上昇傾向はここ1年~2年がピークであり、東京オリンピック開催後はネガティブ要因しか無いため、総じて下落傾向に転ずるという意見が大部分を占めています。

もちろん不動産だけでなく株の相場だって、専門家たちの言う通りに絶対なるとは言い切れませんが、下落傾向が予想される状況である以上、はっきり言えるのは行動を起こすのなら早いに越したこと無いということです。

まずは無料で利用できる「不動産売却一括査定サイト」なら、手軽に不動産の価格を調べることができるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

ご自身の不動産が今いくらかを知りたい方はもちろんのこと、住宅ローンがあってもスムーズに売却できるコツなど、売却のためのアドバイスやサポートを受けることもできるのでおすすめです。

複数の「不動産売却一括査定サイト」を利用すれば、より多くの査定価格データを収集することが出来て、少しでも高い金額で売却できる不動産会社を見つけられる確率が高まります。是非複数サイト利用してみて下さい。