この記事を読むのに必要な時間は【約 5 分】です。

金融庁の金融審議会市場ワーキンググループによる「老後2,000万円問題」は多くの国民が驚きを覚えました。

でも実際にこの老後問題は以前からもずっと言われているので、それが改めて浮上したということにもなります。

老後の資産を増やすために、今できることはどんなことなのか。
まずは自己資産の把握から行ってみることをおすすめします。

使わなくなった住宅は売却したほうがいい

老後の資産問題と切り離せないのが、いわゆる「空き家問題」です。
遺産相続などで実家を入手しても、使いみちがなく空き家になってしまうという場合も少なくありません。

そして、この空き家問題は地方都市ではかなり大きな問題となっています。
空き家は所有者一人の問題ではありません。

空き家になった不動産をどうしたらいいか決めかね、とりあえず空き家のままにしている・・・

具体的には街並みの景観の悪化、風紀・治安悪化、不法投棄、害虫の発生など
ひどい場合には家屋の倒壊や火事になったというケースもあります。

空き家などの不動産を放置している場合には、自身の資産価値を維持するためにも、空き家を有効活用する方法を考えてみることをおすすめします。

この空き家対策として注目されているのが、売却して現金に変えてしまう方法です。
生まれ育った実家の場合、自分が慣れ親しんだ家を売るということに抵抗を感じるかも知れません。

ただ使わずにそのまま朽ち果ててしまって資産価値が減少してしまう前に、新しく住人を迎え入れるほうが住宅としても嬉しいはずです。

ではそんな売却方法はどうすればいいのか。
そちらも考えてみましょう。

売却仲介の不動産業者はちゃんと選んだほうがいい

ただどんなところにでもとりあえず売却してしまえばいい、というわけではなく、ちゃんと適正価格で売却してくれる不動産業者を選ぶことも重要です。

せっかく老後の資産になる家の売却金が、とんでもない低い金額で売られてしまうという状況は避けたいところです。

でも自分の家の適正価格を知るというのはかなり難しいと思います。そもそも素人がおおよその金額を予想できる、というものでもありません。

近所の不動産業者で、自分の持ち家の近所の家の売却価格を見てみる、という方法もあるのですが・・・

これでは建物を含めた詳しい売却金額を知ることが出来ません。
ではどうすればいいのでしょうか。

不動産一括査定サイトを使って相場の把握をする

そこで今、多くの人が利用している方法として知られているのが、不動産一括査定サイトを使って、まずは自分が所有している空き家などの不動産の相場を把握することです。

不動産一括査定サイトとは、複数の不動産業者が集まっていて、サイトに自分が所有している不動産の情報を入力すれば、その査定金額を複数の業者が出してくれるサイトです。

多くのサイトでは、物件の住所を入れるだけで、そのサイトに登録している不動産業者が複数同時に査定金額を算出してくれるので、手間なく多くの査定データを入手できるというメリットがあります。

しかも、不動産一括査定サイト自体も複数あるので、それぞれで査定依頼をすれば、より多くの不動産業者の査定金額を知ることが出来ます。

複数の査定データを組み合わせれば、売却する空き家などの不動産の相場を把握することが可能です。

依頼する不動産業者によって査定金額には差が出てきますが、複数の査定データを比較検討することで、ある程度の相場感を得られます。

まずは自分の空き家の相場を知るということが、売却するのか賃貸運用するのか、リフォームするのか等、次のステップに進められるようになります。

一番よくないのは、何もアクションを起こさず、そのまま放置しておくことは言うまでもありません。
老後の資産を準備するための第一歩として、まずは不動産一括査定サイトを利用して、空き家の適正な査定額を確認してみることをおすすめします。

不動産一括査定サイトを使うメリット

不動産一括査定サイトを使うことで、現状の家の売却価格の目安がわかるという大きなメリットがあります。

でもそれ以外にも不動産一括査定サイトを使うメリットというのがあるのです。
それは何なのか。

大手不動産業者が集まるようなサイトなら、そのまま売却手続きまで進めることが出来るというメリットもあります。

不動産業者というのは地元でもそれほどよく知っているというところは少なく、小さな業者では、幅広く宣伝活動をすることが出来ないので、買い手を探すことが難しいという面もあります。

それを考えるなら、大手の不動産業者に売却を頼むことが出来るというメリットは大きいものになります。

もちろん地元の地域に密着した不動産業者もあり、安心して不動産の売買を任せられるというケースも少なくありません。

サイトの登録には電話番号が必要

では、逆に不動産一括査定サイトを使うデメリットはないのでしょうか。
よく言われているのは「サイトに登録すると勧誘電話がかかってくる」という意見です。

基本的に不動産一括査定サイトは登録したユーザーのみ使う事ができる機能が多くあるので、まずはユーザー登録をして使うことがおすすめです。

そしてユーザー登録をするためには、電話番号の登録が必要というところが多いのです。
必ず個人情報の電話番号がわかってしまうのです。

業者に電話番号がわかれば、そこから勧誘電話がかかってくるのは当たり前と思っている人も多いのではないでしょうか。

その点、不動産一括査定サイトでは、すでに10年以上続いているところもあり、ユーザーが迷惑するような強引な勧誘を行う不動産業者は提携を解除されているので、心配する必要はなく、安心して利用することができます。

確かに勧誘電話が全く無い、とは言えないのですが・・・
勧誘も断ればしつこくは来ないはずなので、ちゃんと断るようにしましょう。

ユーザー登録すれば無料で使える不動産一括査定サイトはとても便利

例えば大手の不動産一括査定サイトなら「HOME4U」や「LIFULL HOME’S」と「すまいValu」などがあります。

サイトを経営しているのも大手情報管理の企業などで、サイト運営でもしっかりと安心できるところが多いです。

そして提携している不動産業者も大手企業が多く、気に入った所があればそのまま詳しい査定を頼むことも出来ます。

これらの不動産一括査定サイトは、登録無料であり、査定依頼にも料金がかかりません。
無料で利用できるサービスなので、損することもありません、

老後の資金を準備するためだけでなく、空き家対策にもなる家の売却をするのであれば、まずはその家の売却金額の相場を知ることから始めましょう。

そのためにも不動産一括査定サイトはかなりおすすめの便利なサービスと言えます。