この記事を読むのに必要な時間は【約 11 分】です。

老後資産が貯まらない

誰もが気になる老後のお金のこと
そんな老後のお金の不安を解消するために効果のある方法は限られています。
ここでは、お金の不安をスッキリ解消するためのノウハウについてお伝えしていきます。

老後の不安といえば、やはりお金のこと

老後の不安の中で最も多いのはお金に関すること

老後のお金のことを不安に感じている人は、不安にさせている原因を突き止めて、解決するための対策方法を見つけることが必要です。

対策の方法が見つかったら、すぐにでも実行することも大切です。
なぜなら、老後までにまだ時間がある人でも、早めに対策をはじめた方が余裕を持って、老後の準備が出来るようになるからです。

不安を解消するには、不安だと感じている理由を把握することが必要ですが、ほとんどの場合、定年した後の老後生活での悩みと言えば、お金を中心としたものばかりです。

老後生活のことを考えると、住居、年金制度、医療費、相続問題、介護費用などの問題やリスクが山積みで、私たちがこれから迎える定年後の生活は、決して明るいものではないと言わざるを得ません。

老後に長生きすることは良いことばかりではない

これから定年を迎える人は、長生きすることのリスクをしっかりと考えて、想定されるリスクを整理して、少しでも早く準備に取り掛かることが必要です。

何故そこまでして、老後のリスクを考えなければならないのか?
老後のことなんて、まだまだ何年も先のことがだから、そんなに急がなくても大丈夫だと思っている人は要注意です。

ここでは、いまいちピンとこない老後のリスクを整理して考えてみます。
そして、安心した老後生活を送るために効果的な方法についてご紹介していきます。

思い立ったが吉日です。やろうと思った時こそ、一番タイミングが良かったりします。
すぐにやる行動はとても大切です。

老後生活の準備は早ければ早いほど良い

50代でもまだ間にあう老後資産の準備

老後の準備は早いに越したことありませんが、50代でもまだ間に合います。

文末には、具体的な「老後不安を解消するための対策方法」をご紹介しているので参考にしてみて下さい。
老後の不安はいろいろありますが、具体的に考えて対策をしている人はいないでしょう。

ためしに下記の質問について、回答してみてください。
老後生活の不安に関係する質問を挙げてみました。すぐに回答できる人がどれほどいるでしょうか。

  • 公的年金はいくらもらえるの?
  • ガンになってしまったらいくらかかるの?
  • 親の介護をしなければならなくなったら?
  • 退職金はいくらもらえるのか?
  • ゆとりある老後にはいくらの生活費が必要なの?
  • 老後の資金はいくら準備すればいいの?
  • 老後資金をためるために効率の良い方法とは?
  • 住宅ローンの繰り上げ返済はすべきか?
  • 生前贈与はした方がいいいの?
  • 話題のNISAは本当にメリットがあるの?
  • 老後の収支シミュレーションはしたことある?
  • 老後資金の準備をはじめていますか?

 

問題山積みの老後なのにリスクを考えない理由

老後生活をする上で考えられる問題はいろいろありますが、どれくらい回答できたでしょうか。きっと、回答できなかったり、考えてもみなかった質問の方が多いことでしょう。

答えられない理由ははっきりとしています。それは、老後の問題なんて普段の生活では考える機会があまりなく、実際に問題に直面した時でないと、調べたり考えたりしないからです。

しかし、実際に問題にぶち当たった時にはもう手遅れであることが多く、どうにも対処することが出来なかったというケースも少なくありません。

上記の各質問を見てみると、どれも「お金」に関することばかりだということが分かります。ということは、老後のためにお金をしっかり用意しておけば、ほとんどの問題は解決できる!ということになります。

当サイトのメール講座「老後のお金の不安をすっきり解消するメール講座」では、老後に直面するお金の問題を解決するノウハウを学ぶことができます。

超高齢化によって長生きのリスクを考える必要がある

日本の高齢者を取り巻く環境は決して安泰とは言えない

老後のことを考える時に必要なのは、いまの日本の高齢者を取り巻く環境がどのような状態にあるのかを理解しておくことです。

世界的に見ても裕福で平和な日本で生活していると、別にあくせくしなくても、それなりに豊かな暮らしを送ることができるので、どうしてもリスク管理がおざなりになってしまいます。

これから老後を迎える世代の人たちとって、考えなければならないの最大のリスクは長生きすることです。普通に考えると長生きは良いことですが、今の日本ではごく普通に生活するだけでも生活費がいろいろと掛かります。長生きすればするほど、その分だけお金が必要になってきます。

いまや平均寿命は80代になり、さらにこれからは人生100年を想定した生き方をしなければならない時代になっています。100年生きるとなると、65歳で定年した後、35年もの老後生活が残っていることになります。

ちなみに首相官邸ホームページを見てみると「人生100年時代構想会議」なるものが開催されていることが分かります。

 

高齢化の進む日本で起きている老後資産の崩壊

20年、30年と続く定年後の生活を安心して暮らして行くためには、お金のことをもっと真剣に考えておかなければならない時代になってきているのです。

「老後のことは定年してからゆっくり考えればいい。」なんて、悠長なことを言っていると、大変なことになってしまうので、手遅れにならないためにも、できる限り早く行動を起こす必要があります。

超高齢化社会に突入している日本で生活していく以上、お金が足りないという現実的な問題に直面することを理解しておかなければいけません。

高齢化が想像以上に加速していることを考えると、老後資産が崩壊してしまう危機が高まっているのは明らかです。

高齢者に関係あるものをちょっと調べてみただけでも、たくさんの問題が取り上げられていることが分かります。

高齢者に起こる可能性の高いリスク
「老後破産」「下流老人」「老老介護」「争続」「孤独死」「介護難民」

 これらのキーワードを見てみると少しおおげさに感じるかも知れませんが、特別な人や一部の人に限った話ではないのです。 誰にでも起こる可能性のあるリスクであり、いまの日本の社会全体の問題になりつつあるのです。

それでもまだピンとこない人は、当サイトの「老後破産」のカテゴリーの記事を読んでいただくと、いまの日本の高齢者を取り巻く状況が分かると思います。

自分の老後は自分で守るしか方法は無い

自適悠々の老後生活はもう過去のはなし

日本には年金制度があるから老後は安泰だという時代は、もう過去の話となっています。

これまでの日本では、恵まれた年金制度のおかげで、自適悠々の老後生活を送っている高齢者の姿は何も特別なものではなく、多くの人は老後の心配をすることなく、安心して暮らしていける環境が、ごく普通にありました。

しかし、これから老後を迎える世代の人たちは、自分の老後は自分で守るしか方法はないのです。なぜなら、頼るべき公的年金は先行き不透明な部分がいっぱいで、信頼感どころか不安感がますます増えるばかりの状況が続いているからです。

ごく普通の高齢者が老後破産している現実

信じられないかも知れませんが、いまの日本で実際に起きていることです。

年金生活の高齢者に増える老後破産の危険性」では、ごく一般的な高齢者がごく普通に老後生活を送っていたにもかかわらず、予想だにしなかったトラブルに見舞われたケースを紹介しています。
ごく普通の高齢者でも老後破産する可能性があることをこれから老後を迎える世代の人たちは理解しておくことが必要です。

問題が山積みの年金制度をはじめとした社会保障制度は、国の財政難に対する効果の期待できる打開策はほとんどなく、年金制度はいずれ破綻してしまうだろうと予測する専門家もいるほどです。

このような状況から、自分が定年した後の老後生活は、年金をあてにしないで、自分で守るという意識をもって、自助努力をしなければならない時代になってきていることをしっかり認識する必要があるのです。

老後の問題はお金で解決できるものばかり

老後の生活をするにはお金が必要不可欠

老後に発生すると予想される問題を挙げてみるとお金に関することばかりで、定年後の生活は、ほとんどはお金の不安と直結していることが分かります。

老後生活において予想される問題
年金受給額、退職金、生命保険、住宅ローン、リフォーム、医療費、介護費用、相続など

つまり、自分の定年後の生活を守るために一番効果のある方法は、自分で「お金を用意しておくこと」なのです。

老後のためにお金を用意しておくことこそが、安心して老後生活を迎えるために必要な対策方法だと言えます。

「老後資金(老後貯金)を準備」しておけば、定年退職した後の20 ~ 30 年という残された時間を、心おだやかに不自由なく、豊かな老後生活を送ることが可能になるのです。

お金があれば大体の老後のリスクは回避することができる

もちろん、お金があればすべてが幸せになるというわけではありませんが、前述したように、老後のリスクの多くはお金によって解決できるものが多いということは紛れもない事実です。

しかし、現状を見てみると、多くの人が老後はお金が必要と分かっているにも関わらず、ついつい見て見ないふりをして、問題を後回しにしています。現実から目を背けていても、何の解決にもなりません。

自分の老後のため、家族の幸せのためには、老後にはお金のリスクがあることから目をそらさずに、今すぐにでも老後貯金の準備をはじめることが必要不可欠です。

当サイトのメール講座(無料)では、老後に直面するお金の問題を解決するために役立つ方法を学ぶことができます。 老後の準備は早いに越したことありませんが、50代でもまだ間に合います。いますぐ行動を起こしましょう。

老後生活の良し悪しを決めるのは自分次第

年金制度に頼らない老後の生活設計をすること

60代、70代の老後の人生をどのように過ごすのか、良し悪しを左右するのは自分次第です。
年金制度に頼ることができなくなった今の日本では、定年を迎えるまでにどれだけ準備できるかが勝負です。

「日本の年金制度は世界的に見ると最下位に近い」では、いまの日本の年金制度の客観的な評価について触れた記事となっています。

「定年退職するまで、まだまだ時間があるから大丈夫だ!」と現実から逃避して、問題を後回しにしていては、準備する時間がなくなってしまうだけです。現実から目を背けていても、残るのは後悔だけです。

また、自分は大丈夫だと高をくくっている人は要注意です。自分は何をしていなくても、医療や介護、相続や住居の問題などといった、想定外のリスクをきっかけに老後生活が一変してしまうことも少なくありません。

高齢になってからではリスクを回避できない

「貧困高齢者」「下流老人」「老後崩壊」「老後破産」

このような、これまでの日本では考えられなかったような事態が、現実に起きているという事実をしっかり認識しておきましょう。

例えば「老後破産」
これは、ギャンブルや浪費といった怠惰な生活をしていた人の話ではありません。サラリーマン生活を定年で終えて、厚生年金を受給しているごく普通の高齢者でも、老後破産は起こりえる問題なのです。

定年後に問題が起きたとしても、高齢者の場合は収入や健康の面において対処できることが限られているので、リスクを回避できる可能性が低くなってしまいます。

しかし、現役世代である今の内から準備しておくことができれば、万が一高齢になってから問題に直面したとしても、慌てることなく対処できるのです。

残りの人生を幸せなものにするのは、自分自身しかないことを肝に銘じておくことが大切です。

老後の不安を解消するために効果のある方法


お金の不安を無くしたい「無料メール講座」

将来の生活に対する不安は誰にだってあるもの。
ただいま、無料メール講座を開催しています。

いまなら、ご登録の方全員に
「ネットで10万円稼ぐ方法」
無料でプレゼントしています!(*^_^*)


「今の収入に月10万円をプラスして老後資産を貯金する方法」
いま、一番必要なのは、老後のために資産を残すこと(老後貯金をすること)です。

しかし、貯金ができない人、貯金が苦手な人も少なくないでしょう。
老後のために貯金をしなければならないと分かっていても、そう簡単に貯金はできないものです。

ご紹介するのは、誰でもできる現実的なお金を稼ぐノウハウなので、短期間で成果を出すことができるものです。

貯金も必要ですが、いまの生活費だって必要なので、かんたんに貯金ができない人も多いことでしょう。
有り余るだけの給料をもらっている人なら余裕で貯金できるかも知れませんが、長引く不景気の中で、給料が年々アップしている人は、そうそういないことでしょう。

頑張って貯金をしているけれど、いまのペースでは到底間に合わず、定年後の生活費が不足してしまうと不安に思っている人もいるでしょう。

「もし仮に月10万円のプラスの収入があればどうでしょうか?」
いまの収入にプラスして、お金を稼ぐことができれば、老後のために貯金をすることができるようになるでしょう。

老後の生活と切っても切り離せないのは、お金の問題です。後回しにすればするほど対処が難しくなります。給料や貯金のことは、親しい友人であっても、そして夫婦間でも面と向かってはなかなか話にくいものです。

定年後の老後生活は必ずやってきます。自分たちのお金の問題を考えるのに早すぎることは一切ありません。
定年までの時間があればあるほど、余裕をもって準備することができるようになります。後回しにするのではなく、今すぐにでもスタートすることが大切です。

当サイトのメール講座「お金がラクラク貯まる秘密の講座」では、老後に直面するお金の問題を解決する方法として「自宅のパソコンで月10万円を稼ぐ方法」を学ぶことができます。

この方法であれば、平日に仕事をしているサラリーマンなら週末に、昼間は子育てで忙しい主婦なら夜間に、プラスの収入を稼ぐことができるようになります。

老後のお金の不安をすっきり解消するメール講座となっています。
「お金がラクラク貯まる秘密の講座」は、すべて無料で受講することができます。

スポンサーリンク